ルンババッテリー交換と捨て方 廃棄場所検索そして分解掃除のススメ 

person holding black vinyl record 雑記
Photo by RODNAE Productions on Pexels.com

ルンバの稼働時間が短くなり、互換品バッテリーを購入 取付を自分でできるか不安だったけど、やってみると拍子抜けするほど簡単でした。逆に困ったのが 取り替えたバッテリーの捨て方がわからないこと ルンバ内部のほこりとゴミがすごかった事でした。

 

ルンババッテリー交換と処分方法がわからない方向けの記事です。

 



ルンババッテリー交換方法について

 

500シリーズと600シリーズのバッテリー交換手順

アイロボットの公式HPで確認

1.エッジクリーニングブラシのネジを外し、エッジクリーニングブラシを取り外します。
2.4個のネジを外し、底面のカバーを取り外します。
3.バッテリーを取り外します。
4.iRobotのロゴが上向きになるように交換するバッテリーを取り付けます。
5.底のカバー、エッジクリーニングブラシ、エッジクリーニングブラシのねじを元通りに取り付けます。

http://irobot-homesupport-ja-jp.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/15597/related/1(公式サイト)

 

700/800/900シリーズのバッテリー交換手順

1.バッテリーカバーの2本のネジをゆるめ、カバーとバッテリーを取り外します。
2.バッテリーのラベルとタブを上側にして、新しいバッテリーを取り付けます。
3.バッテリーカバーを元に戻し、2本のネジを締めます。バッテリーを取り付ける際に、バッテリーカバーにエッジクリーニングブラシを挟まないように注意してください。

http://irobot-homesupport-ja-jp.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/9792 (公式サイト)

 

実際にルンババッテリー交換してみました

ルンバ621を公式サイトの手順通りやってみましたが、ネジをあけて取り出すだけなので、5分もかからず終了 簡単でした!! (プラスドライバーが必要)

 

掃除はこまめに

バッテリーの交換は簡単だったんでしたが、カバーを開けたらホコリホコリホコリで汚すぎた。半年に1度位はホコリをとった方がよさそう。

 

汚写真注意↓↓

 

 

5年分のホコリ きたない

 

ルンババッテリーの処分方法

バッテリーですが、捨て方がわからず調べました。

 

リサイクル対象

バッテリーにリサイクルマークがついているのでリサイクル対象商品になります。家電量販店やホームセンター、自治体等で回収してもらえるようです。回収場所はこちらで調べられます。 

 

ダチョウの行った家電量販店では店内に回収ボックスがありました。店員さんに確認した所無料で引き取りしているそうです。

 

注意点として処分するときは必ず絶縁処理を行う事(電気が流れないようにする処理)
ルンバ600シリーズの場合は銀色の丸い部分をガムテープでふさいでから処分 

 

リチウムイオン電池やモバイルバッテリーなどを、プラスチックごみ・一般ごみに混入して出したことで、 ゴミ収集車や処理施設の中でそれらの電池が発火し、火災を招いた事例が発生しています。 使用済み小型充電式電池は分別し、ビニールテープなどで端子部を絶縁して、同電池をご購入の際に最寄りの「排出協力店」にお持ちください。        ーJBRCホームページより

一般ごみと一緒に捨てないよう注意しましょうね。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました