劇団四季「アラジン」を鑑賞 自由って素晴らしい♪ 

散歩

昨年末、ミュージカル「アラジン」を@東京汐留で鑑賞してきました。

ステージの熱量・歌声・きらびやかな舞台!!夢のようなひとときに大興奮

 

気分はもうジャスミン王女「ア ホール ニュー ワールド」を口ずさみ 夢の世界の住人

「自由さ~ ♪ 新しい世界♪ 僕らはもう 誰にも 縛られはしない♪」

サイコーです!!



劇団四季「アラジン」

アラジンはブロードウェイでも大人気のよう

 

2014年3月の開幕以来、連日のスタンディングオベーションが続き、週間興行収入も常にトップクラスに位置している『アラジン』ブロードウェイ公演は、現代の観客からの圧倒的な支持を得る、その名の通りの大ヒットミュージカルです。

https://www.shiki.jp/applause/aladdin/about/

 

実は行く前はディズニーアニメだし子供向けかな?擦れた中年なんで楽しめないかもって思ってたんですよ

 

ところが!!

 

アラビアンな色使いの舞台は異国情緒たっぷり 

ド派手な舞台演出に引き込まれ

キャラクターも作りこまれてて感情移入

音楽も素晴らしく 

 

とにかく楽しかった!!

 

ワクワクして世界観にどっぷりはまってしまう舞台でした。

 

瀧山久志さん

作品主義として有名で、スター主義を取らない劇団四季 

チケットを買う時は誰が出演するかわかりません。

 

今回のジーニー役は 瀧山久志 さん

 

歌声にシビレました。

「フレンドライクミー」での変幻自在な歌声

 

激しいダンスにコミカルな動きで笑いもあり 

ジーニーそのもの 

目が離せない!!

 

重量感のあるのびやかな歌声は ずっと聞いていたい

元オペラ歌手だそう。

 

すっかりファンになりました。 

 

リピーター

私は同じ舞台を見るということが理解できないタイプ

どうせなら違うのが見たいって思うタイプで 

 

でも、今回観た「アラジン」はリピートしたい!!

それ程魅力的な舞台でした。

 

劇団四季ファンの方のブログを読むと何十回とリピートされてる人もいますね。

そんな気持ちも少しわかる気がしました!!

 

なかなかチケット取るのも難しいですが・・・

  

A Whole new World 日本語訳

主題歌の「A Whole new World」の日本語訳詞がこれまた良くて

 

サビの部分  「A Whole new World♩」が英語のまま歌われるのかなと思ってたのですが、

 

A Whole new World →自由 と訳されていて

これがアラジンのストーリーとぴったり!!

  

そうそう生きていくために自由でいるってなかなできないのよね。

細々暮らしてるのに、責任背負ってるのよ色々と はあああ

  

自由って尊い (なぜか気分はジャスミン王女)

 

感動!!

  

この日本語の訳詞は高橋知伽江さんが担当されたよう

苦労された事や制作過程のインタビュー記事が面白かったのでリンクを↓

 

 

劇団四季 公式HP

 

 

劇団四季面白すぎた。

チケットも末席だと3,000円内で買えるし 

 

細田守監督のアニメ「バケモノの子」も新作として上演されるみたい

これも観てみたいなあ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました